エコール・ヴァローナ東京
e0253135_1717668.jpg先週、私のこの夏の一大イベント!
エコール・ヴァローナのボンボン・ショコラのレッスンに
行ってきました。

エコール・ヴァローナ東京のホームページによると・・・
『最高峰レベルといわれるボンボン・ショコラ製作を
講師2名、受講生4名の特別体制で実習。
チョコレートに精通したヴァローナならではのクラス。
プロフェッショナル仕様の設備で、プロフェッショナルのテクニックはもちろん、最高水準のノウハウを、チョコレートに精通した講師陣がご紹介いたします。』
ということで、申し込んでから1カ月以上楽しみにしていました。

でも講習会の内容も最高峰なら、受講料も最高峰!
申し込みの決断にも勇気がいりました。

写真はテキストブックです
この講習会のために作られている特別なものでした。
素敵ですよね☆


e0253135_17173387.jpg
ヴァローナのカッコいいコックコートに着替えてレッスンがスタート。
ガナッシュ作りから、カット、コーティング、梱包までの工程、
本来ならば4日間かかるところを、6時間で体験させてもらいました。

なので、ガナッシュを作ると、「一日経ったものがこちらです」
カットすると、「これを一日置いたものがこちらです」
とすべて完璧に出来たものと差し替えられます。
すごいです!!
最後に自分でコーティングして、デコレーションしたものを
持ち帰ることが出来ました。お持ち帰り用のボックスがこちら。
これも素敵ですよね☆☆




e0253135_1717529.jpgこちらがふたを開けたところです。
ボンボン・ショコラがぎっしり!
しかもこれが“3段重ね”なんですよ~。
開けるだけで、部屋中にチョコレートの良い香りが漂います。

写真では色が飛んでしまいましたが、
ホワイトチョコの上には、シルバーの色粉が吹き付けてあります。
転写シート(赤と黄色)はオリジナルで作られたものでした。
実物は上品な輝きがあって、もっと美しいです。

シートをはがしたとたん、その美しさに思わず「ふ~ん」と、
ため息をついてしまったら、フランス人のシェフに
「ふ~んなの?!すごく大変な思いで作ったのに?(←もっと喜んで!)」と言われてしまいましたが、
あまりに素晴らしくて、こんな反応になってしまったんですよ(^.^)

すごく繊細で美味しいです☆☆☆
技術はもちろん、整った環境、厳選の材料、一つ一つの工程を
丁寧に積み重ねて、こういうものが出来るのですね。

家ではとても同じものはできないですが
今後にいかせる部分も沢山あってとても勉強になったし、
プロのノウハウを教えていただけて、楽しく刺激的な一日でした(●^o^●)

ああ・・エンローバー欲しい!(←冗談です^^;)
(エンローバーとは、チョコレートをコーティングする機械のことです。)

※写真はエコール・ヴァローナ東京の許可を得て掲載しています。
Top▲ | by pukkuu | 2012-08-30 23:14 | 習いごと | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://pukkuu.exblog.jp/tb/18708928
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by akk at 2012-08-31 17:53 x
私もこのような手際のよいチョコレート教室に通ったことがあります(笑)
これはため息ものですね。
トンカ豆、すごくおいしかったです。
Commented by pukkuu at 2012-08-31 22:20
akkちゃん、こんばんは
そういえば、家で作ったときも
ガナッシュの差し替えをしましたね(笑)
ボンボン・ショコラは“急がずゆっくり”が
成功の秘訣ですね(^^)
Commented by おてんばーば at 2012-09-13 14:23 x
pukkuuさん、初めまして

とても素敵なブログですね。それに美味しそう。
美しいものに囲まれて生活されているご様子、うらやましいです。
私もあやかりたいので、またお邪魔します。
Commented by pukkuu at 2012-09-13 23:19
おてんばーばさん、はじめまして!
コメントありがとうございます
嬉しいです(*^。^*)
これから秋のフルーツを使ったお菓子を
アップしようと思っていますので
またぜひ遊びに来てください
<< ニュイ・サン・ジョルジュ | ページトップ | ラデュレのお菓子レシピ-4 >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin