サロン・デュ・ショコラ レポートその1
e0253135_2063034.jpg
伊勢丹のサロン・デュ・ショコラに行ってきました。
混んでいて、お店によっては並んでいるところもありましたよ!
私が行ったのは2日目だったのに、すでに完売の商品もあって
ビックリでした。
詳しい人からは、「お目当てのものがあったら早めに行った方が
良いですよ!」とアドバイスされていたのですが
なるほど~と納得でした。
私はというと・・・特に目当てのブランドがあるわけでもなく
カタログを見るとどれも美味しそうで、
あまりに沢山あって迷っていました。

なんとなく、店構えの写真、パッケージ、オーナーの写真(笑)
が素敵だな❤と思ったお店
"UN DIMANCHE À PARIS"(アン・ディマンシュ・ア・パリ)
が気になりました。
「アン・ディマンシュ・ア・パリ」は「日曜日はパリで」という意味です。
名前も洒落ていますよね。


e0253135_20132255.jpg
店頭には写真のオーナー、ピエール・クリュイゼルさんが
いらっしゃいました。写真の通りにこやかで穏やかそうな方でした。
ボンジューしか言えず・・^_^;
こういうとき、フランス語が話せたらなぁと思います。
そして勉強しよう!とモチベーションが一時的に上がるんです(笑)

さて、買ったのはボンボンショコラ詰め合わせ4個です。
左上から、“サンドマング”
ノーマルなガナッシュをブラックチョコレートでコーティング
ドミニカ共和国の良質カカオを使っているそうです。
右上が“プラリネ・フイユテ”
ヘーゼルナッツとアーモンドのプラリネのガナッシュに
とても細かいフイユティンヌがシャリシャリとして食感も楽しいです。
左下は“フランボワーズ”
フランボワーズ味のガナッシュをブラックチョコレートでコーティング
そして右下が“ラム フランベ”
フランベしたラム酒のガナッシュをミルクチョコレートでコーティング

どれも上品で繊細な感じです。
特に右下の"ラム フランベ"は最初、何のお酒だろう?と思った位
ラム〜という感じがしない、まろやかな風味と奥深い味わいでとても新鮮でした。
いつかパリに行ったら是非立ち寄りたいお店になりました。
あくまで「いつか」ですけど・・・
Top▲ | by pukkuu | 2012-01-28 20:17 | そのほか | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://pukkuu.exblog.jp/tb/17284805
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< サロン・デュ・ショコラ レポー... | ページトップ | サロン・デュ・ショコラのご案内? >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin